ハッピースマイル・ピンクリボン
乳がん早期発見を呼びかけるチャリティーコンサート

ハッピースマイル ピンクリボン チャリティー フラ&タヒチアン コンサートは、
皆さんの参加費や収益の一部を、以下の活動に寄付しています。

Japan Hair Donation & Charity(JHD&C ; ジャーダック)

Japan Hair Donation & Charity(通称 JHD&C ; ジャーダック)は、一般のドナーさまからヘアドネーション(髪の寄付)や寄付の受付けを開始した日本初の団体であり、それらのご寄付により医療用フルオーダーウィッグ『Onewig』を制作し、無償提供を行っているNPO法人です。

小児ガンや無毛症、先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった子ども達に、医療用ウィッグを提供することで「社会性の復権」をサポートし、子ども達の未来を守ることを目的として2009年に設立されました。

【髪の毛の寄付をお考えのあなたへ】

世界でたったひとつ、その方のためだけに、たくさんの方の善意で集まった髪の毛を使って作るウィッグのことを、JHD&Cでは敬意を込めて『Onewig』と名付けました。ひとつのOnewigを作るためには、およそ20〜30人分の髪の毛が必要です。
あなたが切ったその髪の毛が、子供たちの手助けとなります。

  • 31cm以上の長さがあること
  • 完全に乾かしてあること
  • 切り口をゴム(輪ゴムも可)でしっかり束ね、同じ人の髪をまとめてあること

髪を寄付する際にお願いしたいことはこの3点だけです。
ウィッグの製作過程で、髪質を均一にするトリートメント処理を施すため、老若男女・国籍問わず、気軽に参加して頂けるボランティアです。
白髪があったり、パーマやカラーリングを施してあっても、極端なダメージがない限り大丈夫です。

成人式や七五三、発表会などのために伸ばしたけれどイメージチェンジしたい、昔取っておいた髪の毛を手放したいけれど、ただ捨てるのは気がひける…
もちろん、何となく伸ばしていたけれど、髪をまとめるのも面倒だし短くしたい!など、髪を切る理由は人それぞれ。

放っておけば捨てられてしまう髪の毛。でも、どうせ切るなら、ほんの少しの手間をかけて、誰かのために役立ててみませんか?

出典:JHD&C

Close Menu